リアップ(ミノキシジル)の効果と副作用、両方を理解していますか?

 

日本で唯一発毛効果が謳えるリアップ

薄毛や抜毛に悩んだとき、その対策として様々な方法があります。
その対策のひとつとして選ばれる方法としてリアップなどの発毛剤があります。

 

育毛剤ではなく発毛剤。

 

発毛剤は育毛剤とは違うのでしょうか?
その違いを理解して使用していますか?

 

そして一番知るべき副作用についてちゃんと理解して使用しているでしょうか?

 

発毛剤はいわゆる薬の部類に入ります。
ですので効果を得るのと同時に副作用も起きてしまうことがあります。

 

時として重篤な状況を引き起こす場合も起きてしまいます。

 

 

何かを良くしたいと考え使用したものが返って健康を害してしまうということがあり得ます。

 

こうなると本末転倒ですね。

 

 

一般的に薬となるとその効果だけに目が行って副作用にはあまり目を向けられず
気にされない傾向にあるのではないでしょうか?

 

しかし薬は多かれ少なかれ、また症状も大小様々に副作用はあります。

 

また薬によっては薬理効果よりも別な効果を目的にしていたり、
使用や服用によて得られる効果が、あたかも薬理効果であるかのように信じている部分もあります。
(そう思わされているという側面もあります)

 

コマーシャル、雑誌等々で得られるイメージでそうさせているところもありますね。
(イメージとは怖いものですね)

 

例えばドラッグストアで買える一般的な目薬。
使うと目がスカッとして、キューっとしみて、目の疲れが取れるような気がします。

 

しかしそれは目薬が目の毛細血管を収縮させ、そう感じるようにできてるそうです。
ビタミンがどうとか効き目を謳っていますが、その使用はかえって目にとって良くないと言われています。

 

 

つまり知らない内にそう思わされているということですね。

 

実はリアップ、正確にはミノキシジルなどの成分には得られるメリットと同様
副作用というデメリットがあるということも理解しておかなければなりません。

 

またメリット面においても、それは完全に治癒効果があるか、
一時的な薬理作用かどうかも、使う際には知っておかなければなりません。

 

 

リアップ(ミノキシジル)の効果

 

リアップの効果はその主成分であるミノキシジルの効果です。

 

ミノキシジルは1960年現ファイザーの前身会社がもともと高血圧薬として開発したもので
その利用者の発毛効果が多く見られたことによって、1980年代以降そのミノキシジルを2%含んだ
外用液薬として売られ始めました。

 

内服用もあったようですが副作用が認められため頭部外用薬液として販売されるに至っています。

 

大正製薬より第1類医薬品(2009年より)として販売されており、ミノキシジルが5%の濃度で配合された製品も
販売されてます。

 

さらに濃度が濃い製品も存在するが、それは日本未認可で
個人輸入で入手可能ではありますが、濃度が濃い分副作用の心配は高まりますし
未認可薬を個人判断で使用することもおすすめできません。

 

高血圧薬としてミノキシジルを高濃度で配合した薬としてロテニンや
海外にあるロゲインという高濃度薬もありますが、やはり本来の目的とは違った用途や濃いものは
やはり素人判断では使用することは避けるべきと考えます。

 

ミノキシジルの効果は壮年性脱毛症の改善ですが、
壮年性脱毛症の症状は、ジヒドロテストステロンなどの作用でヘアサイクルが短くなってしまうことです。

 

ジヒドロテストステロンは、
男性ホルモンであるテストステロンと5αリダクターゼが結びつくことで生成されます。

 

これが毛髪の成長期を短くし、あるいはすっ飛ばして退行期に移行し、早期に毛髪が抜けてしまうように
なってしまい、どんどん毛髪が細くなってしまったり、十分に育つ前に抜けてしまうようになってしまいます。

 

 

薄毛の人は、たいてい毛髪が柔らかく細くなっていますし
髪の毛を生やし育てる役目の毛包が小さくなっていくことが確認されています。

 

またヘアサイクルの中で、毛髪が抜けてしまい次の髪の毛が生えてくるまでの休止期と呼ばれる期間が
長くなってしまい新しい髪の毛がなかなか生えてこないということもあるかもしれません。

 

この時毛包は正常な方も小さくなっていますが、薄毛傾向にある場合はこの毛包が大きく育たず
小さいままなので髪の毛も太くは育ちにくくなっています。

 

 

それら症状に対し、ミノキシジルは休止期から初期成長期に毛包を移行させる効果、
そしてその毛包を成長させる効果、毛髪を太く育たせる効果を発揮します。

 

  

 

 

しかし効果と同時に副作用も、そして使い続けなければならないジレンマ

 

しかしミノキシジルは医薬成分です。
化学的に合成されているものです。

 

薬にはおおよそ副作用は付き物です。

 

例えば風邪薬なら眠気などが起きることが知られていますが
こういう副作用は多かれ少なかれ、大きからず小さからずあります。

 

ミノキシジルにも副作用が確認されています。

 

副作用としてどんなものがあるかご紹介します。
ミノキシジル使用時の参考にしてしてください。

 

  • ニキビ(使用部に発生が見られることがある)
  • 頭痛
  • 多毛
  • ED(性的不能)
  • 低血圧(もともと高血圧薬のため降圧作用がある
  • 不整脈や動悸
  • 皮膚紅潮(皮膚が赤らむ事)
  • かすみ目
  • 手、足、顔のしびれ、痛み
  • 性欲減退
  • 胸の痛み
  • 体重増加(急速に増加する)
  • 下肢、手、足、顔がむくむ

 

上記は決して使いすぎているから出てくる症状でもなく、
少量でも起こる可能性があるので注意が必要です。

 

 

さらに重篤(非常に重い)な副作用に見舞われるケースもあって
上記でご紹介したロゲインで死亡例があったことや副作用に配慮する必要性がら
ミノキシジル配合発毛剤は2009年より(法改正によって)第1類医薬品にしてされています。

 

第1類医薬品とは、購入時に薬剤師の説明を経て購入する必要性のある医薬品のことです。

 

※誰でも気軽に、陳列棚から手に取って購入できるという薬品ではない製品です。

 

 

さらに言うなら、ミノキシジルによる薬理作用は使用を止めると効果もなくなってしまうので
継続の必要性が出てきます。

 

これは薄毛の根本的な解決にならないばかりか、経済的にも体への影響的にも
非常に負担になります。

 

 

ですので、ミノキシジル含有薬による薄毛の改善はよくよく考えて行うことをオススメします。

 

 

ミノキシジルと同等の効果、自然由来で副作用なしの注目成分「M-034」

 

ミノキシジルのように副作用がないにも関わらず同等の効果を持つ成分で
M-034という成分が注目され、またそれが配合されている育毛剤が人気になっています。

 

 

M-034は、ミツイシ昆布から抽出される成分で天然由来です。

 

臨床で、ミノキシジルと同等の効果が得られることが分かっており、
育毛作用も優れています。

 

それでいて副作用がないという点が非常に特すべき点ですね。

 

薄毛は病ではありません。

 

しかし病ではないにも関わらずその治療に薬を使用し、そして場合によって
副作用の心配をしなければならないのは矛盾しているような気がします。

 

 

そこでですがまず副作用の心配は少ない育毛剤を使用してみることをオススメします。

 

またそういった育毛剤は、薄毛改善に効果的な成分を複合的に配合して
頭皮環境の改善を含め、様々な面で育毛をサポートします。

 

 

たくさんある育毛剤の中でオススメはチャップアップという育毛剤になります。

 

 

M-034を配合し、利用者満足度も97%と非常に高い数値になっています。

 

リアップ(ミノキシジル)に頼る前に一度チェックして見る価値があります。